ワクワクメールでオ近づきになったOさんは、27歳の年上の方。
年上の包容力と経験で、性的に未熟な私を色気違いにしてくれたのでした。
その通話が、とっても素晴らしく忘れられないものだったのです。
その時の事を思い出しては、1人で慰め桃色吐息を吐き出すような状態でした。
こぼれ出るような深い快楽、そしてアクメをまた楽しみたい。
私を、もっと淫らなエッチな女の子にして欲しい、こんな気持ちから再び連絡を入れてみることに。
2回目も、時間が良かったのか、オナ電をしてくれることになりました。
Oさんの指示に従い、ビラを広げて見られていると想像してみたりするんです。
下品な心に火がついてしまいます。
自然と声が出てしまう。
Oさん「知佳の声は、とってもスケベなんだね」
私「は、恥ずかしいです…自然に出ちゃうんです…」
私が電マを所有していることを伝えると、それも使ってみろって言われました。
Oさんのオナ指示と電マの刺激に、何度もアクメを感じ続けてしまったのでした。

 

 4回目の大人の通話のときに、言われてしまったんです。
私が感じまくり、エッチな声を出し続けていた時のことでした。
なにを言われたかと言えば、オナニーの見せ合いというプレイです。
瞬間、体に電流が走り抜けて行くような感覚を覚えてしまったのです。
すごくハレンチ極まりない行為。
私のオナニーを中継する。
Oさんのオナニーを見てしまう。
一緒に見ながら楽しむ関係…。
なかなか踏ん切りがつかなかったのですが、Oさんが優しく説き伏せてくれて、スマホのカメラを起動してしまいました。

 

 とても、たくましい男の人のアレ…。
見た瞬間、私の心は乱れました。
とっても大きなオチンチン…。
シコシコってやっている姿をみる。
男の人の経験がない私、見たのも初めて。
欲情にかられていったのでした。