Twitterで、イケメンの大学生と出会い、大人の通話をしていただくことにしました。
ただ、すぐにオナ指示が始まりませんでした。
その人が言うには、イメージを作りたいから、いやらしい写真を見せて欲しいと言うのです。
私があそこを弄っている姿の自撮り写真を送って欲しいと言われました。
見知らぬ人に、そんな姿を見られるなんて、恥ずかし過ぎる。
でも今すごくエッチな気分で、男の人にエロい事を言ってもらいたい。
葛藤はあったものの、気持ちよくして頂けるのならと、要求を飲むことにしました。
写メを送れば、すぐにプレイが開始される。
そう思っていたのですが、新たな写メの要求。
それも飲んで、相手に私のはしたない姿を見せて行く。
これを何度か繰り返したのですが、なかなかオナ電になっていきませんでした。

 

 結果、大人の通話になりませんでした。
あまりにも写メの要求ばかりを繰り返され、少しも私の快楽を引き出す通話をしてくれませんから、諦めてしまいました。

 

 私と同じように、通話で気持ちよくなりたい女の子たちがたくさんいて、Twitterで相手募集するのを見かけるようになりました。
大学生の女の子が、私と同様の気持ちを持っているのを見つけ、フォローして話し掛けてみることにしたのです。
全く面識がない女の子でしたが、性格が良い人だったのか、返事をくれました。

 

 やりとりになった女の子なのですが、ここで相手募集をしているわけではなかったようです。
趣味で通話エッチのつぶやきをしていたようでした。
様々な話を聞かされたのですが、通話相手は別のところで探していたようです。
彼女も当初、つぶやきの中で相手探しをしていたようなのですが、私のように画像要求送り返された経験もあったのだそうです。
通話になった相手がいたけれど、突然怒り出して怒鳴られて怖い思いまでしてしまったのだそうです。
大人の魅力的な通話相手を探すための方法を、その後勉強し、今では魅力的なエロ通話の相手を簡単に探すことができるようになったと教えてくれたのでした。

 

 とても驚かされてしまったことがあります。
それは、その女子大生の現在の彼氏が、オナ指示からの出会いだったと言われたからです。
いつしか、オフパコになり、セフレとして関係を継続して、いつの間にかラブラブな交際を始めるようになったと言っていました。