出会い系サイトを使った目的は、セフレ募集ではありませんでした。
でも、知り合った年上の男の人Oさんと、めくるめく極上の悦楽の世界を堪能し、私はさらに性的な衝動を強めてしまっていたのです。
そのひとつの答えが、見知らぬ男の人とする、オナニーの見せ合いでした。
そしてついに、一線を越える瞬間がやってきました。
Oさんと、オフパコ。
セフレが欲しいと強く思っていたわけではないのですが、ドラマティックな快美観が私に決断をさせたのでした。

 

 ずっと女子校に通っていた私、男の人との繋がりを持ったこともなく、大人の関係もない。
そのことはOさんにもしっかりと伝えておきました。
Oさん「怖がることはないよ、ちゃんとリードをして、知佳を大人の深遠な悦楽に持っていってあげるからね」
私は小さくうなずきました。

 

 ラブホテルという空間は、本当に特別だと思います。
初めて入った場所ですが、私の心を淫らにしてくれるのに十分な雰囲気がありました。
ソファでじっくりと会話をして、そしていつの間にか体にさりげなく触れられていきました。
無料通話アプリで聴いたあの声が、直接耳に届く。
エッチな言葉を言いながら、私の体を触る。
服の中に手が…。
スカートの中に手が…。
もう、顔は真っ赤になってしまっていたと思います。
恥ずかしい、でもすごい嬉しいドキドキ感。
彼にされるがまま、裸になり、愛撫を受けていきました。
男の人に触られる気持ち良さ。
これにふらふらになってしまいました。
男の人の、たくましい肉棒を触って、そして舐め、もっと心が乱れて行くのでした。

 

 初体験をしました。
出会い系サイトで知り合った、通話していた方に初めての経験をしてもらいました。
恍惚状態を長い時間感じ続けられたのです。
初めての挿入は、やっぱり痛かったけど…。
それ以外はすごく良くて、本当にエッチが忘れられない気持ちになってしまっていたのです。
Oさんは、その後もマメに連絡をしてくれます。
そして誘われて、また大人のお付き合いをすることにも…。
抵抗する気持ちはなく、逆に求める気持ちの方が強くなっていたのです。
何度か大人の関係を続けると、痛みではなく、挿入の快楽を覚えるようになってしまったのでした。

 

 セフレを探すために、出会い系サイトを利用したわけではありません。
でも結果的に、魅力いっぱいのセックスを手にいれられて、私は満足しています。
現在もOさんと、とても熱い喜悦の男女関係を作っています。
最近不思議と、晴れやかな気分を感じる日々が続いています。