オナ電の相手なのですが、ハッピーメールとワクワクメールの掲示板に投稿をしたところ、しっかりとした反響がありました。
ワクワクメールで、通話の相手になってくれる方と、メールのやりとりを始められました。
Oさんは、とても紳士的な態度でメールを書いてきてくれます。
優しい人そうで良かったなと思いながらも、いきなり通話することは、やはり怖い。
私「あの…最初、文字だけで大丈夫ですか?」
Oさん「うん、チャットオナニーから、楽しもうか」
とても優しく、私の要求を飲んでくれました。
最初は、出会い系サイト内のメールでのやりとりでした。
すごくエッチなキーワードが書かれていて、それを読むたびに心が刺激をされ燃え上がって行くのを感じます。
すごく恥ずかしい汁が、あそこからとろとろと溢れ出してしまっていました。
相手の方の使った言葉を見て、私は陰核を擦ってしまいました。
とても気持ち良くなった頃、言われました。
Oさん「直接声を聞いたほうが、もっと気持ちよくなれるものだよ」
すっかり気分が出来上がってしまっていた私。
オナ指示を仰ぐため、無料通話アプリ交換をしたのでした。
第一声からして、男の人の低い声質に心が掻き乱されていきました。
とても優しく、それでいてとってもエッチな言葉を使ってくるんです。
Oさん「知佳は、とってもエッチな女の子なんだね。通話しながらクリちゃんを弄るなんて」
私「は、はい…エッチ…です…」
クリちゃんとか、オマンコとか男の人に言われちゃって、今まで感じたことがない性的興奮が体の芯から湧き上がってきました。
普段の自分を完全に失っていきました。
彼の指示に従って、夢中になって自分自身を慰め続けたのです。

 

 高校の頃の友達が言っていた、通話しながらのオナニーの興奮は“計り知れないもの”でした。
まるで魂が抜け出てしまうのではないか?と思うほどの快楽に、通話しながらのオナニーに夢中になってのめり込んでいく自分がいたのでした。