相席居酒屋でセフレを見つける方法

相席居酒屋を利用した女性が相席男性とセフレになるには
初対面の男性と女性が相席できるシステムが人気の相席居酒屋では、全国の店舗で毎日新しい出会いが生まれています。年齢も性格も職業も知らない相手との相席スタートは、新鮮さとドキドキで気分が盛り上がります。チューハイやビールを始め、色々なアルコールがあるので楽しく異性と飲めますが、相席居酒屋でセフレ候補を探す事も不可能ではありません。ここでは、セフレ候補になる男性の見つけ方を、セフレがほしい女性にこっそり伝授して行きます。

 

盛り上がるトークをする

 

初対面で緊張するのは皆同じですが、気を遣いすぎて盛り上がらないと相席をした意味がありません。多少無理をしても、テンションはあげて相手とのコミュニケーションを繋げて下さい。待っているだけでは会話のキャッチボールが出来ませんので、女性からは男性に対して、どんどん質問をしたり、自分について語ってみましょう。セフレ候補の男性なら、体力に自信があるか、どんな女性がタイプかを聞けば女性の好みのセフレタイプが探せる筈です。

 

早めに連絡先交換する

 

居酒屋で一番相手に対して興味が向いているのは、正に相席している時です。相席が終了すると、自然と相手への興味も薄らいで行くもの。後から連絡先交換は難しいので、相席したなら早めに連絡先交換をしましょう。何も居酒屋でセフレを決める事はないので、LINEを交換し、別の日にじっくりとお互い仲良くなれば良いのです。LINEを交換するかしないか、迷った時はとりあえず交換していまいましょう。最初の印象よりも、セフレは相性なので、2人きりのトーク内でこそ相性チェックしつつ仲良くなればOKです。

 

2軒目へはしご酒する

 

相席居酒屋では、時間によって料金が加算されて行きます。相席して良さそうだな?とお互いに話が、早めに2軒目へのはしご酒がマストです。相席居酒屋は明るい居酒屋なので、落ち着いたムードで話すならダイニングレストランやバーなどにはしご酒に出掛けましょう。席が変われば、お互いの事をもっと知りたくなります。タイミングが合えば、2対2から1対1に分かれて、男女で2軒目に行ってもOK。2人きりになったら、居酒屋ではなかった距離感で女性は自分を魅せましょう。いい女性だな、と強く印象に残る様に、いいムードを心がける事がセフレ関係へのポイントです。

 

別日に2人きりでデートする

 

相席居酒屋で出会った日に、残りの時間が少ない時は無理に仲良くなろうとせず、どうせなら別日に2人きりのデートを設けましょう。女性なら、別日に再デートだとファッションやメイクに拘れるので、大人の色気ある自分も演出出来ます。初対面の日とギャップのある自分をアピール出来たなら、男性の印象を惹きつける筈です。映画館やカラオケなど、密室や2人の距離が近くなるデートを繰り返す事が、セフレ関係発展への近道テクニックになります。

定番サイト登録無料

女性でも安全にセフレ募集ができるサイト