私は結婚をしていますが、昼間は東京都大田区で仕事もやっています。
小さなレストランの従業員として働いているのですが、そこにやってくるお客さんと関係を持ってしまったのでした。
その人は25歳のサラリーマン、若ハゲを悩みに感じているような人だったのです。
だから何となく態度が小さくなっちゃってて、気になるような存在だったんです。
本当に頻繁にやってくるお客さんで、思わず手を出しちゃおうかななんて気持ちになったりもして。
そんな彼と夕方にバッタリと街中で会ってしまったんです。
仕事帰りで帰宅するところだったらしくて、暫く立ち話になりました。
「彼女なんかできないですよ」
「それじゃ、スッキリできないんだね」
「非モテだからしかたがないかも」
さりげなく彼の手を握って、誘ってみたら彼顔を赤くしちゃって可愛いんです。
「時間はあるんでしょう」
「はい」
リアルなセフレ募集って感じで、私の方から誘ってしまいました。
東京都大田区にはラブホテルがありますから、思わず彼と入ってしまう事になりました。
「実はまだ…経験が…」
恥ずかしそうに言う童貞くんに胸がキュンキュンしちゃって、「私がたっぷり教えてあげるから」って彼を裸にしてしまいました。
とても立派なサイズのオチンチンを見て私もトキドキ、思いっきりサービスで刺激を続けてありました。
肉棒が自分の中に入った時なんか、とってもエロい声出しまくっちゃって、彼も興奮してくれたみたいです。
リアルセフレ募集もなかなか楽しいものがありますね。
若い子だから、2回戦も楽しむことができちゃって私自身も思いっきり感じることができて最高の関係になったんです。
1回限りの関係じゃもったいないって感じで、その後も彼と待ち合わせをして、夕方の一時を楽しむようになったのです。